風営法関連のニュース

お隣の福岡県での話

更新日:

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000086-jij-soci

先程更新された記事です。

まぁ元ヤンキー町議が云々はここでは論じません。ここで論じたいのは逮捕の容疑についてです。

風営法において、18歳未満の人間を働かせるには警察の許可が必要で、かつ働ける場所もキッチンなどのバックヤードに限定されます。つまりここで書かれているような「客に酒類を提供させるなどした」というのは絶対にやってはいけない行為であり、警察に逮捕してくれと言っているようなものです。最近都市部でガールズバーが摘発されている理由もこれと同じです。

風営法に違反した営業を行うと、短期的には利益が上がるかもしれませんが、必ず警察が踏み込んできます。そしてこの場合は最高で1年以下の懲役と100万円以下の罰金が科されます。長く営業を続けるために風営法をきちんと理解するようにしましょう。もし、どうしても理解できない場合は私をはじめとしたお近くの行政書士にご相談ください。

-風営法関連のニュース

Copyright© 佐賀風俗営業申請センター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.