接待行為とは?

風営法関連の業務で必ずある質問が

「接待行為とは具体的にどのような行為を指すのですか?」

です。

このページでは接待行為について具体的に記述をしていきます。

接待行為とは?

接待行為とは風営法においては

「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」

と定義されています。分かりずらいかもしれませんが、要は男女がいい雰囲気になるような状況になるような接客を接待行為とみなしています。なので極論すれば、スナックやガールズバーは接客によってはいつ摘発されてもおかしくない状況にあります。そのような接客をしていないと抗弁しても、それを判断するのは警察署の職員です。だからこそ、摘発を受けないために接待行為の線引きを知っておくことが重要になります。

どこまでいけば接待行為?

接待行為の解釈基準については警察庁から通達が出ています。                              引用しますと

接待とは、「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」をいう。
この意味は、営業者、従業者等との会話やサービス等慰安や歓楽を期待して来
店する客に対して、その気持ちに応えるため営業者側の積極的な行為として相手
を特定して3の各号に掲げるような興趣を添える会話やサービス等を行うことを
いう。言い換えれば、特定の客又は客のグループに対して単なる飲食行為に通常
伴う役務の提供を超える程度の会話やサービス行為等を行うことである。

となっています。

3の各号に掲げられている内容を見ますと

①談笑・お酌

②特定少数の客へのショー

③歌唱

④ダンス

⑤特定少数の客との遊戯

が挙げられています。このHPを見られた方の中には、この段階で顔が青くなられた方もひょっとしたらいらっしゃるかもしれません。

上記のことから接待行為に該当するのは

①お客のそばで談笑したり、お酌、タバコに火をつける行為

②特定少数の客へ踊りを見せたり、一緒に踊ったり、ゲームに興じる行為

③客と一緒に歌ったり手拍子をする、客に歌うように促す行為

④その他体を密着させるなど身体的接触を伴う行為

になります。特に店にカラオケがある場合については要注意です。

ちなみに、今まではこれらの行為は通達の文章中に「はべり」という文言があることから、カウンター越しでならば大丈夫と解釈されていましたが、残念ながら目に余るようだと摘発の対象となるよう解釈基準が変更されています。カウンター越しの接客だけだから安心。ではないのです。

では接待行為に当たらないのは?

上記以外の行為、例えば客の前に飲食物を配膳したり、ある程度の世間話ならば接待行為には当たりません。しかし、この「ある程度」というのがクセモノで、ここに明確な基準は存在しません。ここからは個人的な実感となりますが、複数の警察関係者とこの点について話してみたところ、5~10分以上1人の客と談笑すると接待行為と判断される確率が上がるようです。ある程度の指標とはなるのではないでしょうか。

自分の店の接客が接待行為に該当するか判断がつかない。そんな方はぜひ、お近くの行政書士に確認してみてください。

更新日:

Copyright© 佐賀風俗営業申請センター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.